2019年6月12日水曜日

記事

ビザ、マスタはディフェンシブ株_株価はグロースだが

ディフェンシブ銘柄の定義は、「生活必需品」の業種。
不景気でも、生活するうえで必要な商品(サービス)を買い続ける必要があり、
需要が萎むことがあるとはいえ、需要がなくなることはない。
食料品、医薬品、公共株あたりが該当。
米国株なら、J&J、P&G、Verizon Communication、Coca-Cola、Pepsi Co、American Water...

時代は変化しつつある。今じゃ、スマホだって生活必需品。
日本政府も消費税増税のどさくさに紛れて、キャッシュレスの推進を図っている。

キャッシュレスに必要なのは、デビットかクレジット。

日本のクレジット・デビット払いがすべて、
ビザ・マスタの決済ネットワークを経由している訳ではない。

しかし、日本ではほぼすべてのカードには、JCB、Visa、Mastercardのどれかが
刻印されている。

もう、生活必需品じゃないか?

コーラなら、本家のコカコーラやペプシ、その他のPBブランドから値段相応に選べる。
クレジットカードも同様に、カード発行会社は多数存在するので、選び放題。
しかし、決済ネットワークは実はそれほど選べない。

ビザ、マスタは隠れた生活費需品銘柄。
今はグロース株並みの株価成長をしているが、
業績が落ち着けば、生活費需品のディフェンシブ銘柄扱いされるだろう。
私は、そう期待している。

不景気になれば、ディフェンシブじゃないでしょうとの指摘があるかもしれない。
不景気により消費を控えるため、カード決済の金額ボリュームが落ちるから。

しかし、ビザ・マスタですでにデュオポリ状態(2社独占)。
J&J、P&G、Coca-Colaに対する安値攻勢の競合相手がビザ・マスタには存在しない。

何度も言うが、不景気になってカード払いでのカード利用者債務不履行が起きても、
貸し倒れ処理(損)をするのはカード発行会社であって、ビザ・マスタではない。

「生活必需品」は、食料、医薬、公共、そしてキャッシュレス決済。




1 件のコメント:

ネギラーメンネギ抜き さんのコメント...

コーラはペプシもコカ・コーラも安売りされてますけどね…

関連記事