2024年4月21日日曜日

記事

お金を余らせて、使わなかった人生を後悔するか?

人間の欲って際限ないよなぁ、と思うのが、
題名の問いで、
「お金を余らせて使わずに人生を全うする」
ことが何か、「損」だと思う人が多いことかな。

むしろ、
有り金すべて使い果たして人生を終えることが
幸せというか、健全なのか、と思うことがある。

お金は墓場まで持っていけないから、と言うが、
お金って、そこまで使い果たさないといけないものかと。

たぶん、俺はお金を余らせて人生を全うする気がする。

億まで資産が膨らむような株式投資を当初は想定していなかった。
もちろん、夢があったから、冗談半分で億ってやる、
と思ってはいたが、それが現実になるとは思わなかった。
そして、超までついてしまった。
ここまで資産が膨らむとは思わなかった、というのも正直ある。
GAFAMさまさま、なんだが。

時々思うのは、羽目外して、
お金で人生狂わないだろうか、
というのが今の心配事なんだよ。
とてもじゃないが、
墓場までお金の心配をしたくないから、
お金は墓場に入れなくてよい。

冗談さておき、俺は成金なんだよ。
30年近くかけて、
ゆっくりお金持ちになったんだが、
それでも世間では「成金」扱いだろう。
本当は「となりの億万長者」と呼ばれたいんだが。

億ってから、どうかな10年も経過していない気がする。
いまだに、億の資産をどうすべきか、
わからんからガチホしている。
そして、その配当で暮らしている。
それしか知らんし、それしかできない。
たぶん、今後もそうする。
遺産相続は勝手にどうぞ、って感じだな。
ただ、俺が生きている間はガチホする。

ガチホで後悔はない、そうやってきたんだから。
だから、ロナルド・リード氏に親近感を感じるだな、俺は。
投資には人生の意義を感じるが、
物欲にはあまりそれを感じない。若いころは感じていたが。失せた。

若いころに今のようなお金があったら、
たぶん、浪費して、今では手元にも残っていないだろうな。

そんだけのお金があるなら、もっと楽しめばよいのに、
と思われるかもしれないが、いったん始めた贅沢は限度が無くなるもの。
止めることができなくなる。
株式の暴落と同じで、贅沢すればあっという間に底につく。

お金が無ければ無いで不安かもしれないが、
あればあったで、そのお金の使い方次第で更なる不安を生む。
お金は魔物でもあるんよ。

収入に見合った生活レベルを維持することが一番の幸せ。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ